絶対大きくなる!科学的に根拠があるバストアップ法!

バストアップの理論を知りましょう!

世の中には様々なバストアップの秘訣が溢れていますが、科学的に根拠があるものは少ないです。なぜならバストは乳腺が1と脂肪が9の比率で出来ていて、この比率は世界中の女性全員一緒です。つまり太って脂肪が付いたからと言ってバストが大きくなる訳ではなく、乳腺を刺激して初めてバストが大きくなるのです。この乳腺は遺伝の可能性が高いとされていますが、最近は年々女性の平均バストのサイズが大きくなっているので、母より娘が大きい家族も増えています。

乳腺を刺激する女性ホルモンとは?

バストの大きさを左右する乳腺を発達させるのに欠かせないのは、女性ホルモンです。女性ホルモンは体中で耳かき一杯程の微量ながらその働きは強力で、バストサイズの他にも美肌や体の丸み等女性らしさには欠かせない物です。この女性ホルモンはエストロゲンとも呼ばれ、特に月経前後に多く分泌されます。多くの女性が生理前に胸が大きくなったと感じるのは、エストロゲンが乳腺を刺激しているからなのです。なので生理前以外にも、エストロゲンを多く分泌させればバストアップ出来るのです。

エストロゲンをしっかり出そう!その方法とは?

エストロゲンを効率良く出す方法はサプリと食べ物がありますが、ホルモンなので摂取しすぎは却って危険です。なので信頼できるメーカーのサプリか、食べ物で摂取する事がおすすめです。エストロゲンが多く含まれている食べ物は大豆製品のイソフラボンや発酵食品です。またエストロゲンは子宮から分泌される為、子宮に良いとされるアボカドやアーモンドも効果的です。本来日本人は朝食に豆腐、納豆、漬物を食べていましたが、そうした食事がバストアップには最適なのです。

舞台やミュージカルでは、役によって胸を大きくみせるメイクを施すそうです。デコルテを明るくみせることを意識しながら、谷間に向かってシャドウを入れるそうです。鼻筋を高くみせるメイクと同じ要領です。