まだあきらめないで!効果的なほうれい線対策3選

ほうれい線対策その1むくみを解消する

加齢と共に目立ってしまうほうれい線。仕方がないとあきらめてはいませんか。大丈夫、できてしまったほうれい線でも改善は可能です。ここでは効果的な改善方法をご紹介します。顔がむくんだり、リンパの流れが滞ったりすると、その重さで皮膚にたるみが生じてきます。実はこのたるみ、ほうれい線の代表的な原因の一つなのです。たるみ解消に有効なのが、ツボ押しエクササイズ。やり方はとても簡単です。まず下唇の下側を押しながら1から4まで数えてください。次に口角も1から4までカウントしたら、鼻の下から小鼻の脇と頬骨に沿いながら耳の近くまで順番に刺激していきます。こうすることで、リンパの流れがスムーズになり、むくみが解消します。簡単ですので毎日やってみて下さい。

ほうれい線対策その2表情筋を鍛える

ほうれい線をなくすには、顔の筋肉を鍛えることが大事です。これには箸を使ったエクササイズが大変効果的。やり方は、まず箸を口にくわえます。上下の唇を合わせたまま、唇を左右に引き5秒そのままにして下さい。次に口角だけを上げて再び5秒間キープしたら、歯を見せてニコッとします。毎日行うことで、表情筋が鍛えられてきます。また表情筋は笑うことでも鍛えられます。笑顔を作ることで顔の緊張がほぐれ、気持ちもリラックス、楽しく笑って過ごすことも大切です。

ほうれい線対策その3保湿する

肌が乾燥するとシワができやすくなります。特に加齢と共に、肌の角質層内の水分を保持する能力が低下してきます。弾力が失われた肌は乾燥し、ほうれい線ができやすくなります。いかに肌には保湿が大切かということがわかりますね。肌を乾燥から防ぐには、普段使用している化粧品に、保湿効果の高いものを取り入れていくことが大切です。人間の肌に存在しているセラミドやヒアルロン酸といった成分は、保水力に優れ肌になじみやすいといった特徴を持っています。日々のお肌のお手入れは、こういった高い保湿成分が配合された化粧品を用いることが大切です。以上、3つとも簡単にできるほうれい線対策です。日々の生活に上手に取り入れて、ほうれい線のできにくい強い肌作りをしていきましょう。

しわと聞いて、加齢によるもののイメージが多いと思われます。しかし、ふけて見えるネガティブな印象以外にも、愛嬌がある笑いじわなどは、好感が持てます。