美容整形には頼らない!自力でバストを大きくする方法3銭

セルフマッサージをする

「男性に胸を触ってもらうと、胸が大きくなる。」という説もありますが、自宅で気軽にできるのはやはりこの”セルフマッサージ”です。胸はそのほとんどが脂肪でできていますが、胸を支えているのは筋肉です。セルフマッサージはその筋肉を柔らかくすることによって、血液の循環とリンパの流れを促進し、胸の発達を促すという効果があります。お風呂上りに行うと効果が出やすく、セルフマッサージ後は胸が少し柔らかくなるのが実感できますよ。

トレーニングをして、胸の筋肉を鍛える

前出ですが胸はほとんどが脂肪で、それを支えているのが大胸筋と呼ばれる筋肉になります。胸だけに脂肪を付けるのは、なかなか難しいですが大胸筋を鍛えるのは簡単に行えます。単純に筋肉を付けることによってバストアップが期待されるだけでなく、デコルテに自然なボリュームが出て、垂れ胸を防止できるのも魅力の1つです。簡単に大胸筋が鍛えられるのは、腕立て伏せトレーニングが一般的です。スタート時にきつく感じてしまわれる方は、5回くらいからでも効果は出ますので焦らずに続けてくださいね。

乳製品、肉類などのたんぱく質を摂る

人間の体を作る主な成分がたんぱく質であり、それは胸も例外ではありません。ダイエットなどでフルーツや野菜を主食にされている女性も多くいらっしゃいますが、それではどんどん胸は小さくなってしまいます。一般的にバストアップに良いといわれている食材は、チーズやヨーグルトなどたんぱく質と資質のバランスの良い乳製品、豆乳や豆腐などの大豆イソフラボンが多く含まれる製品が代表的です。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た作用を持つといわれ、バストアップの効果が期待できそうですね。

胸を大きくする方法には色々ありますが、マッサージの効果は絶大です。できれば好きな人にしてもらうことで効果はより一層高まります。